カート
Close Alternative アイコン
買い物カゴ アイコン

News

年末年始の営業時間について

年末年始の営業時間について

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

年末年始の営業時間を下記の通り変更させていただきます。
何卒ご了承賜りますようお願いいたします。

2021/12/31(金)11:00 ~ 19:00

2022/1/1(土)11:00 ~ 19:00

2022/1/2(日)11:00 ~ 19:00

2022/1/3(月)11:00 ~ 19:00

2022/1/4(火)11:00~21:00(通常営業)

来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

Read more ...

温故出新のうつわたち ~ 【滝室窯】石田裕哉

温故出新のうつわたち ~ 【滝室窯】石田裕哉

 熊本県阿蘇山の麓で、ろくろ成形したものを型にはめて整える「ろくろ型打ち」で生み出される滝室窯 石田裕哉氏の器。焼成や手成形によって偶然生まれる色の違いや、釉ムラ、たわみ、鉄粉の入り具合まで、手仕事ならではの魅力が溢れています。釉薬の濃淡によるグラデーションも美しく、一期一会の出会いが楽しめます。

 
 江戸時代後期に始まる賀集珉平による「珉平焼」など古い器から影響を受け、柄のインスピレーションは自然の草花、古い建築、中近東のオリエンタルな文様まで。
控えめでありながら自由で優しい佇まいを持つ唯一無二の器たちです。
 
 れんげを一口サイズのピンチョス風にご使用いただくと、普段の食卓が華やぎます。また人が集まる席にも品よくお使いいただけます。

 

■陶歴

1981年 熊本県阿蘇市一の宮町に生まれる
2006年 京都府陶工高等技術専門学校卒業
2007年 京都市産業技術研究所陶磁器コース卒業
2008年 京都にて修行
2010年 熊本県阿蘇市一の宮町に滝室窯開窯

Read more ...

金継ぎを依頼されているお客様へのご案内

金継ぎを依頼されているお客様へのご案内

 いつも格別のご高配を賜りありがとうございます。

お陰様で金継ぎのサービスについて、たくさんのご依頼をいただき『ずっと大切にしたい。』『修繕しても使い続けたい。』と仰る方のお気持ちを聞くことができ、大変うれしく感じております。

お預かりした後に、このようなお知らせは大変心苦しいのですが、想定以上の反響により当初お話した修繕期間に大幅な遅れが生じております。

お預かりしているお品物の進捗状況につきましては、こちらで確認ができ次第、ご連絡を差し上げております。

皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

Read more ...

企画展のご案内「愉しむ、魅せる、彩る暮らし」

企画展のご案内「愉しむ、魅せる、彩る暮らし」

 新しい道具で新しい年を迎える。今回ご提案したいのは陶、木工、漆器の作家を集め、新らしい暮らしのしつらえを一気に整えることができるグループ展になります。
 今回ご参加いただける作家は”安達 健、鎌田克慈、紀平佳丈、竹内紘三、中井波花、”と、1年を締めくくるに相応しい、錚々たる顔ぶれとなりました。
また、素晴らしい作品の数々を「使う」「飾る」「贈る」の3つのテーマでご提案をしております。

■期間:2021/12/10~2022/1/10

■作家在廊日:2021/12/10 竹内紘三、安達 健、紀平佳丈

Read more ...

【shiki展】12/1(木)、2(金) 20時からインスタライブを開催致します

【shiki展】12/1(木)、2(金) 20時からインスタライブを開催致します

12/3(金)よりshiki展 ~現出、その瞬間~ をスタートするに当たり、12/1(水)、12/2(木)20:00~instagramでライブ配信を行います。

作家の田中英一氏、今回の展示にご協力いただく酒造メーカーさま、当店から1名の参加となっております。

12/1(水)20:00~ 田中英一氏、頸城酒造 八木崇博氏

 

12/2(木)20:00~ 田中英一氏、寺田本家 寺田 優氏

   

・個展の見どころ

・売場作成のライブ

・漆描のモチーフと、その意味

・日本酒についての知識など 2夜に渡ってお届けいたします。                                                                                                                                                                                                       

皆さんのご参加、お待ちしております。

Read more ...

shiki展 ~ 現出、その瞬間 ~

shiki展 ~ 現出、その瞬間 ~

漆への印象をアップデートするブランド「shiki」をご案内致します。

■会期:2021/12/3(金)~2022/1/6(木)

■作家在廊日:12/3(金)、12/4(土)12/11(土)、12/12(日)いずれも14:00~18:00 ※事前の予告なく在廊がなくなる場合がございます。

「shiki」の特徴は漆器の持つ伝統で培った重厚な存在感は残しつつ、最後の加飾の部分で、一気にその魅力を書き換えるところです。
その為、展示スペースでは伝統的な作品と対比して楽しめる趣向をご用意しております。

また、新作を多数展示致します。

『百聞は一見に如かず』

ぜひ、ご自身の目で新しい漆器の世界をご覧いただければと思います。

Read more ...

和nagomi 受注開始のご案内

和nagomi 受注開始のご案内

 『形と影で魅せる』無駄を削ぎに削いだモノを良しとする価値観があります。しかし、時折、『この加飾がないと成立しない』というモノが存在するのも確かです。

 【和 nagomi】はそういった作品を製作しているブランドです。
チープな印象を受ける故に、加飾されたモノを敬遠されていらっしゃる方に見てもらいたいブランドです。

 ガラスという素材に漆の技法、蒔絵を施す。不思議とバランスの取れた作品の数々はハレの日用としてお使いいただきたいオススメの品になります。

3つの見どころ

①景色を表す模様

 和nagomiにはVacation、憩の庭 Garden、月夜 moonlight right、3つのテーマが用意されています。作品はそのテーマに因んだ名前がつけられています。

和nagomi、ガラス、蒔絵


②ガラスと漆

 ガラスに蒔絵を施すことで華やかでありながら軽やかになります。和nagomiの酒器は従来の漆芸品の重厚なイメージにとらわれない、華やかで軽やかな酒器を目指しています。

和nagomi、ガラス、蒔絵


③金沢の漆芸

 金沢の漆芸は加賀蒔絵に象徴され、桃山時代の京都の巨匠五十嵐道甫がその技術を伝世したことに端を発しています。その基盤に新たな漆芸技術や意匠、造形表現が加えられてきたように、伝統的な技法を学ぶ一方で、現代感覚による新しい漆芸の創造を目指しています。

Read more ...

金継ぎ暮らし 教室終了後の質疑応対のお知らせ

金継ぎ暮らし 教室終了後の質疑応対のお知らせ

 10月度に初めて開催された金継ぎ教室は大変ご好評をいただきました。また、おかげさまで11月度開催の教室の予約は既に埋まっている状態です。

金継ぎ教室

 

 そこで、金継ぎ暮らし 萩原さまに教室が終了した後、16:00~17:00の間、在店いただき金継ぎについてご質問があるお客さまの応対をしていただくこととなりました。

ご興味のある方にとって直接お話ができる良い機会となります。                      この機会をぜひ、ご利用くださいませ。

Read more ...