6月の植物【ressources】

6月の植物【ressources】

 

入梅間近となり、不安定な天候が続いております。

 

今回は、もうじき来る梅雨に向けて、植物の管理方法についてご紹介いたします。

 

 

 

1,風通し

 湿度が高くなるので、風通しを良くすることが大切です。

 

風を送ることで、

・光合成に必要な新鮮な空気が手に入り代謝が上がる。

・気化熱により蒸散が進む。

・呼吸に必要な空気も手に入る。

・病害虫がついてしまっても、広がるスピードを抑えられる。

などの効果があります。

 

 窓を開けての換気やサーキュレーターを活用して、フレッシュな環境で植物と過ごしましょう。

 

2,設置場所

ヤシの木やゴムの木などの一般的な観葉植物は、

水やりのタイミングが雨だったら、外に出して大丈夫です。

雨がほこりや虫の卵も洗い流してくれます。※多肉植物は除く

 

但し、次の日が晴れで暑いと葉焼けする可能性があるため、日

陰に移動するなど注意が必要です。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

g KEYAKIZAKAでは、植物の出張メンテナンスサービスがございます。

お悩みの多い植替えや剪定、病原中対策まで対応しております。

大切な植物の健康管理、植物のプロにぜひお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

ブログに戻る