カート
Close Alternative アイコン
買い物カゴ アイコン
閉じる アイコン

黒田泰蔵

円筒

Â¥1,320,000

𝘛𝘢𝘪𝘻𝘰 𝘒𝘶𝘳𝘰𝘥𝘢 - 𝘊𝘰𝘯𝘵𝘦𝘮𝘱𝘰𝘳𝘢𝘳𝘺 𝘊𝘦𝘳𝘢𝘮𝘪𝘴𝘵 黒田泰蔵

1946年、滋賀県生まれ。1966年、フランス パリに滞在。その後、ニューヨークに滞在後、カナダ在住にてGeaten Beaudin氏の下で陶芸を学ぶ。カナダの製陶会社SIALにてデザイナーとして勤務、築釜、1991年伊東市に築釜とともにスタジオを開設。この頃より白磁に拘った創作を始め、今もなお自己表現として究極の白磁を求めて活動させ、日本のみならず海外でも高い評価を受けています。

 

黒田氏は円筒について思いを述べております。それだけ円筒対するに特別な感情をもつ代表作。

仮定としてですが、
もし私の脳の思考が肉体から全く独立した、
純粋に思考と言う存在でありえるならば、私の円筒の理想は、
「みるものではなく、見せるものでもなく、持つものでもなく、
まして持ってもらうものでもないのです
本当は、見るものでもなく、作るものでもないのです」。
しかし、思考だけの存在では無い私には、その様な事は、
私の脳内の風景として眺めるだけでとどまっていました。
四十数年もの間、その風景を広げたり、また狭めたりしてきましたが、
その事とは別に、やはり四十数年近くも前に、いつか、
美しい円筒が作れればそれで良いと思いつつ、
作れずに長い時間を過ごしていました。
この事はこの仕事に携わり始め轆轤という道具を知ったことと、
うつわの美しさ、可能性を大きく感じ始めていたからだと思っています。
この二つの事は、大きく、矛盾をえていて、悩ましい思いもあるのですが、
ここ数年円筒を作り始めた事で、日常と非日常のバランスを整え、
見えるもので、見えないものも現し、
私が、私の、私に対しての責務を果たす事の様に感じております。

サイズ:φ約120mm×H約95mm 

素材 :白磁 

原産国:日本